ライターが教えるなぜか読みたくなる記事タイトルをつける秘密7つ

こんにちは。小学館運営メディア『美レンジャー』の美容ライターや
講談社運営メディア『i-VoCE』のライターの岩倉陽子です。

642ddd4fae63b8006c3b35cab3fb9c91-20160316103955-250x250

今回は、ヒット記事を生むために最も重要なタイトル付けのコツについてご紹介します。具体的にどのようなことに気をつけながらタイトルをつけたら、読者に読みたいと思ってもらえるかを7つのポイントに分けてご紹介します。

 

数字を入れたタイトルにする

【-10kg痩せた】私が痛感した「冬ダイエットの落とし穴」意外な2つ【-10kg痩せた】私の味方!満腹感が嬉しい「忘年会メニュー」3選、などというように具体的な数字をタイトルに入れ込むことがポイントです。数字を入れることによって一気に説得力が生まれるからです。

タイトルを見たときに、記事を読むことで得られるメリットを具体的にイメージしてもらえるかどうかが、いいタイトルかの分かれ目とも言えそうです。例えば、【かなり痩せた】私が痛感した「冬ダイエットの以外な落とし穴」、【めちゃくちゃ痩せた】私の味方!満腹感が嬉しい「忘年会メニューとは」など数字のないタイトルにすると、曖昧な情報だという印象を与え、説得力に欠けませんか?

タイトルを決める時は、出来る限り具体的な数字を入れて、記事を読むことによって得られるメリットに説得力を持たせるようにしましょう。

 

インパクトがあるキャッチーな言葉を使ったタイトルにする

短くてインパクトが強い、キャッチーな言葉を使うことで興味を持ってくれる人を増やす事が出来ます。例えば、「超絶」「納得」「溺愛」「痛感」「誰でも」「今すぐやって!」「知らなきゃマズい」「モデルも頼る」などです。

ちなみに、タイトルだけにこだわり、内容が伴っていない記事になってしまうと、次回以降に更新した記事があまり読まれなくなってしまったり、シェアしてもらえない可能性もあるので、記事の内容とのバランスを意識しながらタイトルをつけてみてください。

 

擬音を使ったタイトルにする

グッと美人に、ちゃちゃっと完成、ポンッと入れるだけ、ササッとできる、など……タイトルに擬音を使いましょう。記事の内容を読者に一気にイメージしてもらいやすくなります。言葉で状況を説明するよりも、擬音を使うことで文字数を抑えられることも多いので是非活用してみてくださいね。

 

自分向けの記事だと思ってもらえるタイトルにする

例えば、「クリスマスまでに痩せたい人必見」、「これからメディアを運営する人必見」などターゲットをタイトルに明記すると、自分向けの記事だと思ってもらうことができ読んでもらえる可能性を高めることができます。

対象を絞ってしまうと、読んでくれる人が減るのではという懸念もあるかもしれませんが、例えばタイトルが「痩せたい人必見」、「メディア運営に携わる人必見」だけだと抽象的で訴求力が低く、誰からも読まれない記事になってしまう可能性があります。どんな人に役立つ記事なのかを意識してタイトルや記事を作成しましょう。

 

伝えたい情報を絞ったタイトルにする

タイトルには、32文字以内という文字数の制限があります。32文字以内で記事内の情報を全て伝えようとすると、ただの情報の羅列になり、引きがなくまとまりのないタイトルになってしまうことがあります。なのでタイトルは、記事の中で一番伝えたい情報のみを記載することで、端的でわかりやすいようにまとめることが大切です。

タイトルの目的は、興味を持って記事をクリックしてもらうことです。もっと知りたいと思ってもらいクリックしてもらう理由を作ることが重要です。

 

役に立つことをイメージしてもらえるタイトルにする

読者はタイトルを見た瞬間に、その記事は時間を割いて読む価値があるかどうかを判断します。例えばいま抱えている悩みの解決策が載っていそうだったり、願望を叶える方法が載っていそうだと感じた時には、忙しい中でも時間を割いて記事の中身を読もうとしてくれます。なのでタイトルは、ぱっと一目見た瞬間に役に立ちそうと思ってもらえるようなものにする必要があります。

例えば、〜の方法、〜のテクニック、〜のルール秘訣のような言葉を使うとグッと役に立つことがイメージできる記事になりますよ。ぱっと見た時に役に立つと思ってもらえるように意識することが大事です。

 

 

ハードルが低いことが伝わるタイトルにする

例えば、ダイエット記事のタイトルを例にご説明すると「運動でやせる!毎日のスクワットで5キロ痩せた全プロセス公開!」という記事と「食事制限ナシ!毎日5分の運動で5キロ痩せたながらダイエット方法とは」という2つのタイトルがあったとしたら、ハードルが低く、簡単に真似ができそうな後者の記事をほぼ全員がクリックすると思います。

ブログ記事を書く時は今読者が知っている方法よりも、出来るだけ短期間で、少しでも楽に何かを達成する方法が提供できるかが大事です。「たった◯◯だけ!」「最低限」「基本」などの文言を入れると簡単であることが伝わりやすいです。

 

 

 

いかがでしたか?タイトル付けは、コツをつかめばすらすらできるようになります。タイトル作成時の参考になれば幸いです。読んでいただきありがとうございました。

 

 

ライティング講座をしています★

一緒にライティングスキルを向上させ、フリーランスライターを目指しましょう!

大手美容WEBメディアの現役ライターによるライティング講座

たった3時間でできる!ライティングスキル向上個別コンサル講座

 

 

 

You may also like...